成人してからの矯正でお悩みの方へ

「大丈夫、治りますよ」と自信満々におっしゃってくれた土佐先生を見て、アントンさんに決めました。大人になってからの矯正でも、こんなにきれいな歯並びになれるんです。

(函館市 長浦さん)

「矯正は大人になってからでも大丈夫って、たくさんの方に知っていただきたいんです。」笑顔で語る長浦さんが不正咬合の矯正治療を開始したのは、成人してからのことでした。
札幌で矯正歯科を選んだときの様子や、治療内容について、お聞きしました。

「やっぱりきれいな歯並びになりたい」という気持ちから決意

写真:長浦さん

矯正治療のきっかけは?

小学生の頃、一度不正咬合の矯正治療を受けました。でも、あまりきれいには治りませんでした。子どもだったので、当時は「こんなものかな」と思っていたんです。
大人になって歯科衛生士の仕事に就きましたが、その勉強を通して改めて、「自分は不正咬合なんだ」と自覚しました。
「やっぱりきれいな歯並びになりたい」という気持ちが次第に強まり、矯正治療を受けることを決意したのです。

アントン矯正歯科クリニックを選んだ理由をお聞かせください。

アントンさんに来る前に、2軒ほど相談しました。
最初に相談した歯科医には、「完全に治すのは難しい」と言われました。
2軒目では、「治せると思います」と言われましたが、断言はされませんでした。
いよいよ3軒目で土佐先生に診ていただいたところ、「大丈夫、治りますよ」と言ってくださいました。その自信に満ちた土佐先生の様子を見て、この先生ならと思えました。
歯科衛生士の経験からも、確信のようなものがありました。
それと、院内の清潔さも気に入った点の一つです。

矯正治療はいかがでしたか?

平成5年4月から矯正治療を開始しました。
成人になって歯周組織が出来上がっているので、その中で歯を動かすということは痛みもそれなりにありましたね。また、私はあごの大きさの割に歯が大きかったため、歯を左右1本ずつ抜いて治療を行いました。
最初に装置を付けた日は、正直、痛くて物を噛めませんでした。でも、その痛みも「歯が動いている証拠だな」と実感できたので、辛いというよりは逆に嬉しかったです。
その後、1週間くらいで痛みが引いていきました。器具の違和感は多少ありましたが、だんだん慣れてきて、いずれ器具自体が自分の歯の一部のような感覚になっていきますよ。

写真:長浦さんの矯正治療前 かみ合わせが悪く、前歯の歯並びの悪さも目立っていました。

写真:長浦さんの矯正治療後

仕事をしながら矯正治療することに対する不安はありましたか?

治療を開始したときには、歯科衛生士から事務の仕事に転職していました。接客したり、電話で話すことが多かったので、事前に上司に相談しました。特に発音に影響が出るかもしれないと思ったのです。でも、上司からは「問題ないんじゃない?」と言ってもらえました。実際、支障はなかったと思います。通院も問題ありませんでした。仕事が終わってからでも受診できますし、土曜もやっているので、まったく影響ありませんでした。

矯正器具をつけるのは恥ずかしいと思いましたか?

やはり、恥ずかしいとは思いました。それで、少し高かったのですが、透明の器具にしてもらいました。ワイヤーは金属ですが、透明のブラケットです。
特にこちらから言わなければ、矯正器具に気づかなかった人も多かったかもしれませんね。

矯正費用はどうでしたか?

矯正費用は想定していた範囲でした。
他の病院と比較すると、「治すのは難しい」と言われたところは安かったです。
でも私としては、多少高くてもきれいに治してほしかったのです。

写真:土佐院長と長浦さん

治療中~治療後のメンテナンスはどうですか?

治療の途中で函館に引っ越したので、アントンさんには通えなくなりました。
でも、函館の矯正歯科を紹介いただけたので、治療は問題なく継続できました。
今日のように、札幌に来る機会があれば、土佐先生にメンテナンスしてもらっています。ずっとお付き合いできる先生なので、安心です。

矯正治療が終わってからの感想をお聞かせください

こんなにきれいになるとは正直思っていませんでした。本当に満足です。
大人になってからでも間に合うだろうか、と迷っている方がいらっしゃったら、まずは矯正の相談だけでもされたらよいと思います。

お忙しい中、ありがとうございました。

取材日:2012年9月
取材:株式会社メディアリュウム