Q&A

治療時期はいつごろですか?

大きく二つのステージに分けられます。永久歯の前歯が萌出する小学生1から2年生の頃がまず一つの開始時期の目安になります。もう一つは永久歯が全て萌出した高学年以降です。当然これには、中学生・高校生・成人が含まれます。

治療期間はどのくらいですか?

早ければ1年ほどで歯の移動が終了する場合がありますが、平均すると2年ほどかかります。

痛みはありますか?

装置装着後3から4日、長くて1週間ほど歯が浮いたような違和感や歯が締め付けられるような感覚が生じる場合があります。何も痛みが生じない方もいます。

さし歯でも矯正治療は可能ですか?

さし歯の方でも歯の根と周りの骨が健康であれば可能です。

しゃべりづらくありませんか?

装置を外側から付けたときは一週間ほどで慣れます。内側の装置でも一ヶ月ほどで慣れてしまうようです。

歯は抜くのですか?

歯を抜かないで治療できるのが理想ですが、治療目的と不正咬合の程度によっては歯を抜く場合があります。

費用はいくらかかりますか?

費用は保険が効かない自由診療です。

顎関節症ってなんですか?

口を開け閉めする時に左右の顎関節から、カクッという音がしたり、口が開けづらい、開けると痛い、といった症状すなわち、顎関節症を経験している方が増えてきています。特に成人の方に多く見られます。原因は様々なのですが、その一つに不正咬合が考えられています。

このような症状をお持ちの場合には、必要に応じてマウスピース状のスプリントといわれる装置をはめて、顎関節症を改善します。その後矯正治療により不正咬合の改善を行います。

お気軽にお問い合わせください

その他、矯正歯科治療などについてご質問等ございましたら、
お問い合わせフォームからお問い合わせください。