成長期のお子さん向け 【抑制矯正治療】

成長期の小学校低学年のお子さんが対象となる治療です。
反対咬合や上顎前突が上下の骨格の成長に問題がある場合に行います。
上下顎の成長を抑えたり、逆に促進する場合もあります。

写真:抑制矯正治療

抑制矯正治療 反対咬合の場合

写真:抑制矯正治療

抑制矯正治療 上顎前突の場合

写真:矯正治療前後のお顔の変化

写真:抑制矯正治療

治療上のリスク

  1. 装置が入ると食事中にものが挟まりやすくなります。ブラッシングを毎食後丁寧に行わないと歯肉炎やむし歯は発生のリスクが高まります。
  2. 矯正移動に伴い歯の根が短くなることがまれにあります。
  3. 治療上の注意を守らないと治療期間が長くなり、また適切な咬合状態が得られないことがあります。
  4. 装置を撤去後に行う保定治療を適切に行わないと歯の後戻りが起こってしまうことがあります。
  5. 抑制矯正治療で十分な治療結果が得られない場合には、仕上げにマルチブラケットによる治療が必要になることがあります。