上下顎前突

上下の前歯がともに前に出てしまっている症状のことをいいます。
歯の傾きや、生えている位置の異常によって起こっている場合、 上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっている場合などがあります。
口元が出っ張ってしまっているため、見た目的な問題と口を閉じにくいといった問題があります。

写真:上下顎前突

上下顎前突の原因とは

  • 歯の傾き、歯と顎のバランスなど遺伝的要因
  • 歯の生えている場所の異常
  • アンバランスな歯と顎の成長
  • 舌の悪習慣
などが考えられます。

治療しないとどうなる?

  • 口を閉じにくい
  • 話しにくい
  • お顔の印象がよくない
  • 顎関節症やその他全身への悪影響
などがあります。

治療方法について

治療は成長期と、成長が終わってからとで方法が異なります。成長期には矯正装置を使いながら、まず顎の発達が悪い場合はその成長を促進させ、悪い癖があるときは直していきます。
大人の矯正の場合は、歯並びを矯正できるスペースを確認し、スペースが足りないときは、上下前歯を後方に移動する抜歯をして矯正装置を使います。

お気軽にお問い合わせください

上下顎前突の矯正方法などについてご質問等ございましたら、
お問い合わせフォームからお問い合わせください。