前歯が噛み合わない 【開咬(オープンバイト)】

オープンバイトとも呼ばれます。奥歯を噛み合わせたときに、上下の前歯が噛み合いません。
そのため、前歯で物が噛めなかったり、話すときに空気が抜けるような発音になったりすることがあります。

写真:開咬

矯正治療前後のお顔の変化

写真:矯正治療前後のお顔の変化

開咬の原因とは

  • 顎の形態などの遺伝的要因
  • 子どもの頃の
  • 指しゃぶり、舌を出すなどの癖
などが考えられます。

治療しないとどうなる?

  • 食べ物を前歯で噛み切れないなど食事のトラブル
  • お顔の印象がよくない
  • 発音しづらい
などがあります。

治療方法について

矯正装置を使いながら、悪い癖があるときはMFTというトレーニングを行い直していきます。

治療上のリスク

  1. 装置が入ると食事中にものが挟まりやすくなります。ブラッシングを毎食後に丁寧に行わないと歯肉炎やむし歯は発生のリスクが高まります。
  2. 歯の周りの歯肉のレベルが下がることがあります(ブラックトライアングル)。
  3. 矯正移動に伴い歯の根が短くなることがまれにあります。
  4. 治療上の注意を守らないと治療期間が長くなり、また上下の前歯が適切に咬合しない状態となることがあります。場合によっては外科的な対応をしなければならないこともあります。
  5. 装置を撤去後に行う保定治療を適切に行わないと歯の後戻りが起こってしまうことがあります。
    特にMFTという筋機能療法が必要になることがあります。

お気軽にお問い合わせください

開咬の矯正方法などについてご質問等ございましたら、
お問い合わせフォームからお問い合わせください。