すきっ歯 【空隙歯列】

歯と歯の間があいていて、前歯のすき間が目立ってしまうという症状です。
いわゆるすきっ歯のことです。
これは、顎骨が大きく、歯が小さい、または歯の数が足りないため、歯が並ぶためのスペースが多すぎることにより生じます。

写真:空隙歯列

矯正治療前後のお顔の変化

写真:矯正治療前後のお顔の変化

空隙歯列の原因とは

  • 顎の形、歯の小ささなどの遺伝的要因
  • 顎の成長のアンバランスさ
  • 指しゃぶり、指をかむなどの癖
  • 歯の数が足りない
などが考えられます。

治療しないとどうなる?

  • 咀嚼のトラブル
  • お顔の印象がよくない
  • 発音しづらい
などがあります。

治療方法について

治療は成長期と、成長が終わってからとで方法が異なります。成長期には矯正装置を使いながら、顎の成長のバランスを整え、悪い癖があるときはMFTというトレーニングを行い直していきます。
大人の矯正の場合は、状態に応じて矯正装置を使い、顎の矯正なども検討します。

治療上のリスク

  1. 装置が入ると食事中にものが挟まりやすくなります。ブラッシングを毎食後に丁寧に行わないと歯肉炎やむし歯は発生のリスクが高まります。
  2. 歯の周りの歯肉のレベルが下がることがあります(ブラックトライアングル)。
  3. 矯正移動に伴い歯の根が短くなることがまれにあります。
  4. 治療上の注意を守らないと治療期間が長くなり、また空隙閉鎖が不十分な適切な咬合状態が得られないことがあります。
  5. 装置を撤去後に行う保定治療を適切に行わないと歯の後戻りが起こってしまうことがあります。

お気軽にお問い合わせください

空隙歯列の矯正方法などについてご質問等ございましたら、
お問い合わせフォームからお問い合わせください。