反対咬合

受け口・下顎前突とも呼ばれる症例です。
一般に下顎の骨が前方に突出した状態のことを言います。
原因は、上顎の成長が少ない場合や、下顎が上顎より過度に成長した場合に起こります。
遺伝が原因であることも多く見られます。
なお、診断の結果『顎変形症』と診断された方は外科矯正を受けることができます。

写真:抑制矯正治療

矯正治療前後のお顔の変化

写真:矯正治療前後のお顔の変化

反対咬合を矯正治療することで、下顎の骨の突出を矯正することができます。
見た目の印象も変わります。

反対咬合の原因とは

  • 顎のバランスなど遺伝的要因
  • 上顎の成長不足、または下顎の過度な成長
  • 上の前歯が内側に傾いている、あるいは下の前歯が外側に突出している
などが考えられます。

治療しないとどうなる?

  • 話しにくい
  • お顔の印象がよくない
などがあります。

治療方法について

治療は成長期と、成長が終わってからとで方法が異なります。成長期には矯正装置を使いながら、抑制矯正治療で顎の矯正も行います。
大人の矯正の場合は、矯正装置を使い、外科矯正が必要かどうか状況を見ながら顎の矯正も行います。

お気軽にお問い合わせください

反対咬合の矯正方法などについてご質問等ございましたら、
お問い合わせフォームからお問い合わせください。